食育ネット株式会社のミッション

     
食育ネット株式会社は、生産者と消費者の架け橋になれるような空間をづくり、
安心、安全、新鮮なものを「作る」「売る」「味わう」そして「喜びを分かち合う」という企業理念を掲げています。
一つのモノが流通されるのではなく、その作られた産地・地域が一体となった、販路開拓支援を行っています。
メディアを扱う広告代理店として各種メディアで紹介を図り、国内流通の販路開拓から海外輸出販路開拓まで総合的な支援活動を行っています。
食育ネット株式会社のミッション

事業実績

1 農業資材メーカー様の「商品紹介用の動画制作事業」

大手農業資材メーカー様における、農業用資材を紹介する商品紹介用の動画制作を行いました。ターゲットが農家さんのため、使いやすさ、手軽さ、商品を導入したときのメリットを強調した映像制作を目指しました。EXPOや展示会や農業指導者向けに放映され、新規注文にも繋がり高評価を得たことから、現在、多言語対応向けに編集し、海外向け動画制作を行っています。

2 ニッポン放送タイアップ ラジオ×SNS動画配信

ニッポン放送の「農家さんの応援支援事業」の一環として「原田龍二DAYS」の番組において、千葉市内3農園としょいか~ご千葉店にお越しいただき、農作業及び販売促進活動を行いました。ラジオで生放送した他、動画撮影した映像をSNSに掲載したところ大反響をいただきました。台風の被害時にも千葉市に再度来られ、被災ハウスの修復作業の模様を動画配信したことからリスナーの皆様から激励のメールを頂きました。聴取率も上がりリスナーに愛され、生産者にも喜ばれたことから、番組企画としても大きく貢献しました

3 千葉県産米「ふさこがね」のブランド化戦略事業

千葉県育成品種「ふさこがね」ブランド化戦略事業の一環で、業務用米や低価格米を払拭するためブランド化戦略を構築し、高価格帯路線での取扱いを目指しました。栽培から生産管理を定め、ちばエコ農産物認証米として高級百貨店での取り扱いが開始、平成23年度に新嘗祭に献上した皇室献上米に選定されました。その後、千葉県民栄誉賞の副賞やグリーンジャンボ宝くじの景品、株主優待品等にも選定。ブランド戦略が出来たことから、生産者の所得も向上し、高級店での販路開拓に繋がりました。現在、海外バイヤーからの注文もいただいています

4 (公財)日本農林漁業振興会主催 農林水産展への出店事業

全国農林水産展「実りのフェスティバル」における千葉県ブースの企画運営を行いました。千葉市産品や千葉県産農産物、畜産加工品、水産加工品、お菓子等の即売会を行いました。2日間で41,000人に集客を図り、千葉県ブースは連日大盛況で、新品種落花生「Qなっつ」も即日完売しました。

海外輸出販路開拓・インバウンド観光誘致も行っています

主な海外輸出国は、マレーシア、タイ、シンガポール、香港のほか、ベトナム、カナダ、アゼルバイジャンに輸出を行っています。 輸出のみならず、現地でイベントを企画、料理教室の開催も行っています。日本の食文化を伝えています。 販路開拓開拓や、輸出にご興味のある方ご連絡ください。

農園様・自治体さま
農産物のブランディング・PRのお問い合わせはこちら

農産物PRのお問い合わせ

会社概要

会社名
生産者と消費者の架け橋 食育ネット株式会社 SHOKUIKU NET.jp
所在地
〒260-0006 千葉県千葉市中央区道場北1-9-3-108
TEL
043-224-6322
FAX
043-225-5878
代表取締役
浅野 美希

沿革

  • 2007年獨協大学卒業後、地元、千葉県に戻り千葉の農産物をPRする会社「食育ネット株式会社」を設立。
  • 2008年JAのPRを始める。早場米の産地、千葉県のお米のPRを行う。
  • 2009年大手量販店にて県内約25社出店を集い「愛情いちばん千産千消フェア」の企画運営を行う。
  • 2010年JA農産物直売所オープンに向けて店舗看板制作及びセレモニーに携わる。
  • 2011年生産者と一緒に作ったお米「ふさこがね」が平成23年新嘗祭に献上した皇室献上米に選ばれる。
  • 2012年高速道路サービスエリアに千葉の魅力発信所として農産物加工品の販売を行う。
  • 2013年県内の専門学校、短大と提携をし、学生とタイアップ事業を進める。
  • 2014年マレーシアへ初めて千葉市産イチゴの輸出を行う。
  • 2015年シンガポール向けに輸出開始。イチゴ、サツマイモを輸出。
  • 2016年ムスリムフレンドリー対応として外国人観光客のインバウンド誘致。
  • 2017年「アゼルバイジャン和食地酒EXPO」に出店し、アゼルバイジャン向け輸出開始。
  • 2018年「Feel Japan」国際見本市商談会に出店し、ベトナム向け輸出を開始。
  • 2019年カナダにて「Japan food tasting」を開催。カナダ・カルガリー向け輸出を開始。